『日本海軍の良き伝統を引き継ぐ海上自衛隊(今も残る日本海軍の教え10 選完結編)』


◆ e-Bookのタイトル

『日本海軍の良き伝統を引き継ぐ海上自衛隊(今も残る日本海軍の教え10 選完結編)』

◆ e-Bookの内容

明治維新により日本海軍が誕生してから約145 年経過します。海上自衛隊は今でも日本海軍の伝統、教えを数多く大事に継承しています。これらは全て、和と勤勉を信条とする日本人の組織力、チーム力を発揮するための日本古来からの教えでもあり、海上自衛隊のみならず日本の民間企業にもそのまま適用できるものです。本レポートでは、海上自衛隊が今も継承する日本海軍の教え10 選として次を紹介します。
1 合戦準備
海上自衛隊の護衛艦は戦闘態勢への移行準備の号令として「合戦準備(かっせんじゅ
んび)」の号令を下令しています。どうして今どき「合戦準備」なのかを紹介します。
2 5分前の精神
5分前の精神は広く知られていますが、この5分前という概念がどのような経緯で
誕生し、どのような教えとして残っているのかを紹介します。
3 出船の精神
出船の精神とは何か、何故この精神を大事にしているのかを紹介します。
4 ヨーソロの精神
ヨーソロとは何か? ヨーソロの起源と教えについて紹介します。
5 五省
海軍兵学校で始まり、海上自衛隊に今でも継承されている「五省」についてその意味
と実践の現状について紹介します。
6 部下統率法
人を動かす部下統率の極意として海上自衛隊に継承されている海軍の教えについて紹
介します。
7 士気高揚のための基本要素
海上自衛隊が継承している海軍式士気高揚策について紹介します。
8 男の修行
階級、指揮命令系統が厳正な海軍における人生訓としての教えを紹介します。
9 海軍士官である前に紳士たれ
明治維新により誕生した日本海軍創設以来の教えである「海軍士官である前に紳士た
れ」についてその起源と教えについて紹介します。
10 初級士官心得
三等海尉(少尉)及び二等海尉(中尉)の若い初級士官が勤務遂行上の心得として今
も実践する約35 ヶ条に及ぶ海軍の心得について紹介します。

 

 


最近の投稿